GRUBによる起動失敗Linuxの起動方法

経緯

カーネル自体は正しいのでなぜかと思い、よく見るとFedoraCore4を起動しているようであったので、GRUBの設定を迫られた。*1

手動起動手順

  • まずは手動、すなわちGRUBコマンドラインからの起動を試みる。 Linuxの起動に失敗した後、GRUBの画面にて「e」キーを叩いて、既存のリストをメモる。
title Fedora Core (2.6.11-1.1369_FC4)
        root (hd0,0)
        kernel /vmlinuz-2.6.11-1.1369_FC4 ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00 rhgb     quiet
        initrd /initrd-2.6.11-1.1369_FC4.img

上記は、FedoraCore4の例。

メモったら、「c」キーを叩いてコマンドラインモードへ。 基本的には、既存のものを元にして、FedoraCore5を起動するだけ。

grub> root (hd0,0)
grub> kernel /vmlinuz-2.6.16-1.2111_FC5 ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00 rhgb quiet
grub> initrd /initrd-2.6.16-1.2111_FC5.img

GRUBコマンドラインでは、TAB補完が効くのでどんどん活用する。というかそうしないと、バージョン付きのファイル名を入力するのは厳しい。

grub> reboot

これで起動すればOKPK

自動起動手順

無事に起動したら、次回から自動で起動できるようにGRUBの設定ファイルを書き換える。

# vi /boot/grub/menu.lst

もちろんEmacsでもなんでもよい。このファイルを見ると、手動起動手順でメモったものと同じことが書いてあるので、起動に成功したコマンドに書き換えてやる。

参考


*1 おそらくカーネル移行を途中でやめたせいであろう。危険すぎ。

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-28 (日) 21:47:39 (2371d)